News
polaris_hikari

Polaris、結成20周年の布石となるEP「光」をリリース。11月17日(日)開催のLIQUIDROOMワンマンライブで会場限定先行販売。

polaris_hikari
来年結成20周年を迎えるPolarisが、これからの活動の布石となるEP「光」を12月3日(火)にオフィシャルオンラインとライブ会場限定でリリースすることを発表しました。
オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans/So many tears)の二人に加え、ドラムに川上優(NABOWA)、そして、新たに片木希依(jizue)をピアノとして迎えた新体制で制作され、10分越えの大作となったタイトル曲「光」を含む3曲を収録。
来年の結成20周年の活動に期待が高まる充実した内容で、節目を迎えてもなお新たな可能性が感じられる作品となっています。
リリースに先駆け、11月17日(日)にLIQUIDROOMで開催されるワンマンライブ”2020″で先行販売。ライブとあわせてぜひチェックして下さい。

■Polaris『光』EP
budcd10 | 1,500yen(tax in) | 発売日 : 2019年12月3日(火)
*オフィシャルオンライン、ライブ会場限定販売
収録曲
1. drop
2. 光
3. moment

■Polaris One Man Live “2020″
2019年11月17日(日) 東京 | LIQUIDROOM
開場 16:15 開演 17:00 | TICKET 前売 4,000YEN
HOT STUFF PROMOTION Tel:03-5720-9999

2019.10.9

budharbor_youtube_white_sq

3ピースバンドbud&harborが、初の音源となる「SIRANUI EP」をbud musicよりリリース。

3ピースバンドbud&harborが、結成一年半にして初の音源となる「SIRANUI EP」を2019年9月12日(木)にbud musicよりリリース。
レコーディング・マスタリングエンジニアにトクマルシューゴやLOSTAGEなどの仕事でも知られる岩谷啓士郎を迎えて制作し、表題曲の「SIRANUI」や、「トーン」をはじめとしたライブ定番曲等4曲を収録している。
作詞作曲を担当している下田仁(Gt&Vo)の色気を含みつつもどこかセンチメンタルな憂いを帯びた歌声に、ぬけ感のあるエモーショナルなメロディーと、ロックをベースにしたサウンドが重なり、シンプルかつ味のあるグルーブ感がクセになる。

bud&harbor「SIRANUI EP」

budcd12 | 1,500yen(Tax In) | 2019.09.12 Release | Released by bud music
01.トーン 02.ロウ 03.null 04.SIRANUI

bud&harbor | トーン (Official Audio)

bud&harbor
2018年結成。
下田仁(Gt&Vo)、鈴木悠平(Ba)、金崎由名来(Dr)による3ピースバンド。
Instagram : https://www.instagram.com/budandharbor/
Twitter : https://twitter.com/budandharbor

Live Schedule
9.12 [THU] 大阪 | 梅田Zeela
9.19 [THU] 京都 | Live House nano
10.12 [SAT] 大阪 | ジャックライオン
10.25 [SAT] 大阪 | 心斎橋Pangea

2019.9.12

new_beyondo

TOKYO BEYONDにtioの出演が決定。

20191012_TOKYOBEYOND_08
2019年10月12日(土)-13日(日)に東京で開催される
「TOKYO BEYOND」にtioの出演が決定しました。

tioは13日(日)に出演します。

TOKYO BEYOND
開催日程:2019年10月12日(土)-13日(日)
会場:Shibuya HOME / Shibuya Lush / yinega / 十間スタジオ

2019.9.12

2019_NABOWA_15th_anniv_A4_0826-01

NABOWAがライブ盤「DUSK LIVE」を本日リリース。15周年ライブの詳細も発表。

「DUSK RELEASE ONE MAN TOUR」の模様をCD二枚に収めたライブ盤「DUSK LIVE」が本日リリース。圧倒的な演奏と表現力で、開催各地で大きな反響を得たライブの模様を、会場での臨場感そのままにパッケージングしました。ツアーのライブ会場とオンラインのみでの限定販売となります。

NABOWA 「DUSK LIVE [2CD]」
dusk_live_image

budcd11 | 2,000 Yen (Tax in) | 2019.09.04 Release | Released by AWDR/LR2 | bud music
オンライン+会場限定販売 | https://budstore.shop-pro.jp/?pid=145243497

そして12月01日(日)に開催する15周年ライブの詳細がついに決定。
京都|磔磔で開催される「PART1」では記念企画として、これまでにリリースされた作品の中から人気投票を実施し、人気上位曲から当日のセットリストが決定されるスペシャル・ライブ。そして来場者への特典として、本公演で披露される新曲をその場でレコーディング、ライブ後にはダウンロードコードが全員にプレゼントします。
京都|METROで行う「PART2」には、NABOWAに加え、それぞれの別ユニットとしても出演、盟友のjizueをはじめ、地元京都のDJ陣も迎えたアフターパーティー的内容。これまでの歴史を振り返り、次なるステップを示すような、過去と未来をつなぐような記念すべき夜となる。前回のツアーに引き続き「PART1」の磔磔では、大学生割引|高校生以下無料の公演となります。

NABOWA 15TH ANNIVERSARY LIVE
12.01 [Sun] 京都 | 磔磔 & CLUB METRO

「PART1」磔磔
LIVE |  NABOWA
GUEST MUSICIAN |  IZPON (Percussions), Koichi (Keyboards)

「PART2」METRO
LIVE |  NABOWA, THE BED ROOM TAPE, HIRAKU YAMAMOTO, WONDER HEADZ meets yuichi FUJISAWA
DJ |  jizue, YOTTU, SHINYA, BAN (bud music), YATA (BUNGALOW)

※両会場とも来場者には新曲ダウンロードコードをプレゼント。

[前売りチケット]
通し券 |  5,000 Yen
「PART1」磔磔 |  一般 3,800 Yen / 大学生 2,000 Yen / 高校生以下 入場無料 [+1D]
「PART2」METRO |  2,300 Yen(18歳未満入場不可)[+1D]

[最速先着先行受付]
受付URL |  https://eplus.jp/nbw15
受付期間 | 9月07日(土)12:00~9月27日(金)23:59

【15周年記念・人気曲投票企画】
投票の人気上位曲から当日のセットリストが決定 | http://www.nabowa.com/news/news-5757

info |  YUMEBANCHI [www.yumebanchi.jp | 06-6341-3525]

2019.9.4

145241655

NABOWA 15TH ANNIV. TOWEL 予約開始。

「NABOWA 15TH ANNIVERSARY TOUR」に合わせて制作した
新しいグッズが本日よりオフィシャル・ウェブストアにて予約受付開始。
ツアー各会場でも販売します。是非お買い求めください。

145241655

NABOWA – 15TH ANNIV. TOWEL
Color : RED / NAVY
Body : COTTON 100%
Price : 1,300yen(tax in)
budstore_button

2019_NABOWA_15th_anniv_最終jpg

15周年を迎える2019年。アニバーサリーイヤーの集大成として12月01日(日)に地元である京都の磔磔とCLUB METROにて記念ライブを行うことが決定。
9月からは各地のフェスやバンドにゆかりの場所を回るツアーも開始される。
ライブバンドとして進化をし、主要五都市で開催されたワンマンツアーでも高評価を受け続けたNABOWAのライブがさらに近距離で体感できる。

NABOWA 15TH ANNIVERSARY TOUR
2019.09.07 [Sat] 大阪|梅田 Shangri-La
2019.09.08 [Sun] 埼玉|Acoustic Village 2019
2019.09.15 [Sun] 香川|shima fes SETOUCHI 2019
2019.09.22 [Sun] 奈良|cafe polkadot
2019.09.28 [Sat] 兵庫|スパイスだもの。
2019.09.29 [Sun] 長野|りんご音楽祭 2019
2019.10.11 [Fri] 大阪|梅田 Shangri-La
2019.10.13 [Sun] 茨城|結い市
2019.10.14 [Mon] 横浜|Grassroots
2019.10.20 [Sun] 福井|惣 so
2019.10.26 [Sat] 京都|ボロフェスタ 2019
2019.10.27[Sun] 東京|焚キ火ノ音
2019.11.02 [Sat] 金沢|puddle/social
2019.11.03 [Sun] 愛知|grand space Quark
2019.11.23 [Sat] 鳥取|MOON & SPOON
2019.11.24 [Sun] 岡山|cafe. the market mai mai
2019.12.01 [Sun] 京都|磔磔 & CLUB METRO(15周年記念ライブ)

2019.9.4

Print

Port of Notesのギター、小島大介がソロ名義「DSK」として、約8年ぶりとなるアルバム『CORNER』をリリース!

dsk-corner-banner
Port of Notesのギター、小島大介がソロ名義「DSK」として、約8年ぶりにアルバム『CORNER』を9月4日(水)にリリースすることが決定しました!
Joe Claussellの”Agora e seu tempo”や、Ary Barrosoの名曲”Brazil”のカヴァー、ギター・デュオAurora Acousticでも共に活動している盟友、井上薫によるリミックスなど全9曲を収録。
アコースティックギターを中心とした自然で穏やかに心に染み入る音色に、ミニマルミュージックの要素を取り入れたチルアウト・バレアリックサウンドが楽しめる作品となっています。
ライブ会場・オフィシャルオンラインのみで販売の限定盤となる本作、9月2日(月)に代官山晴れたら空に豆まいてで行われるPort of Notesのワンマンライブにて先行販売されることが決定しました。いち早くお手にとっていただけます。
合わせて、ぜひチェックしてください。

Print

■DSK『CORNER』
budcd09 | 2019.09.04 ON SALE | 2,000 Yen(Tax In) | Released by bud music
*ライブ会場・オフィシャルオンラインのみの限定販売。

01. Agora e seu tempo
02. Session with Cicada ~part I~
03. Road to the ocean
04. Flowt_o (Kaoru Inoue Remix)
05. Brazil
06. Session with cicada ~part II~
07. My favorite garden
08. Flowt_o
09. Running on the way

budstore_button

■晴れたら空に豆まいて 13周年記念「晴れ豆 × bud music #2」Port of Notes One Man Live

2019.9.2(mon) @ 晴れたら空に豆まいて (東京)
http://www.budmusic.org/schedule/post-29963
open 18:30 / start 19:30

[Live]
Port of Notes

[チケット]
adv 4,000yen / door 4,500yen
*別途ドリンク代が必要となります

チケットは下記にて販売中。
○プレイガイド
チケットぴあ(http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1927470)
ローソンチケット(https://l-tike.com/search/?keyword=Port%20of%20Notes)
e+(https://eplus.jp/sf/detail/2987320001-P0030001)
○店予約
メール:ticket@mameromantic.com(日付・氏名・枚数・電話番号 必須)
電話:03-5456-8880 (15:00~22:00)

○お問い合わせ
晴れたら空に豆まいて
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
Tel:03-5456-8880

DSK

■DSK
小島大介によるソロ名義「DSK」。
‘97年に畠山美由紀とのデュオPort of Notesでデビュー。
‘01年、「chari chari(井上薫)」のalbum『in time』収録曲”Aurora”を共作およびギターで参加。これをきっかけに井上薫とのギター・デュオAurora Acousticを結成、3枚のアルバムを発表。
‘02年、「DSK」として活動を開始。2nd album『Exhaust Note』収録の”Winter Lane” はNujabesによるリミックスや数々のコンピレーションアルバムに収録、3rd album 『DSK presents MODEST』は”Ue snowboader”、”Car Danchi 3″や”Velvet” などスノーボードDVD、サーフムービーに使用される。
‘08年 album『Ultramontane』、‘09年 全編インストゥルメンタルのalbum『I always think about you』、‘11年『Trace』をリリース。‘16年 Discaで『Reveries of Suburban』を発表。
‘19年9月、約8年ぶりとなる「DSK」のアルバム『CORNER』を発表。
http://oshimadaisuke.net

2019.8.28

EDBpTbQXkAAuRG8

NoMaps MUSIC PARTYにyonawoの出演が決定。

EDBpTbQXkAAuRG8
2019年10月12日(土)にCOLONY / KRAPS HALL / BESSIE HALLほかで開催される
NoMaps MUSIC PARTYにyonawoの出演が決定しました。

NoMaps MUSIC PARTY
https://no-maps.jp
開催日程:2019年10月12日(土)
会場: COLONY / KRAPS HALL / BESSIE HALL / SPIRITUAL LOUNGE / Sound Lab mole / Klub Counter Action

2019.8.28

iOS の画像 (1)

"ふたりのルーツ・ショー アン・サリー、畠山美由紀"開催決定。

1222_rootsshow
アン・サリー、畠山美由紀。同い年で誕生日も一日違い、同じ年にソロ・デビューした親友のふたりがジョイントするコンサート “ふたりのルーツ・ショー”。
2019年も開催が決定しました!どうぞお見逃しなく。

■“ふたりのルーツ・ショー アン・サリー、畠山美由紀”
出演:アン・サリー(Vocal) 、畠山美由紀(Vocal)
小池龍平(guitar)、鈴木正人(bass)、小林創(piano)、栗原務(drums)
会場:恵比寿The Garden Hall (東京)
日時:2019年12月22日(日) 開場16:00/開演17:00
チケット:前売 ¥6,700 / 当日 ¥7,200*別途ドリンク代が必要です。
プレミアムシート¥11,000(1ドリンク&1タパス付)

アン・サリー
2001年「Voyage」でアルバムデビュー。2003年「Day Dream」「MoonDance」のロングセラー以後、近作CD「fo:rest」「Bon Temps」を含む、多数アルバムを発表。また数々のCMや映画の主題歌を歌唱し、日本全国、アジア地域で演奏活動を広げるシンガー&ドクター。暮らしの中で緩やかに芽吹いた日々の想いは、ほころぶ花のように芳醇な歌声と、花蜜の抽出された名曲群へと昇華され、幅広い層に届けられている。
http://www.annsally.org

2019.8.23

NABOWA_2

NABOWA、アルバム「DUSK」から、各メンバーが再構築した「DUSK Remixies」を4週連続デジタル・リリース。第四弾はHIRAKU YAMAMOTO (v…

NABOWA_2NABOWA_Playlist_Hiraku
最新アルバム「DUSK」の楽曲の中から、NABOWAの4人のメンバーがそれぞれ独自に再構築した「DUSK Remixies」。
本リリース最後となるリミックスは、HIRAKU YAMAMOTO (violin) が担当。
アルバムのフィナーレを飾るオーケストレーションが美しく叙情的な「DAYBREAK」を、何層にも折り重なるviolinのレイヤーで更に深化させた美し過ぎる名リミックス。コンテンポラリーミュージックによるサウンドトラックを聞いているような楽曲へと変貌を遂げています。
同時にHIRAKU YAMAMOTO (violin) がアルバム「DUSK」をテーマに選曲した「PLAYLIST FOR DUSK」も公開。アルバムの背後に広がる世界を覗いてみてください。

NABOWA「DAYBREAK (HIRAKU YAMAMOTO End of the time MIX)」
Digital | https://ssm.lnk.to/DAYBREAK_REMIX

PLAYLIST FOR DUSK | HIRAKU YAMAMOTO FROM NABOWA

「DAYBREAK」というのは「夜明け」という意味ですが、大事にしたかったのは僕にとって「朝」と「夜明け」は、違うということでした。「夜明け」というのは、ほとんどの場合夜に何かをしていた人が使う言葉のような気がして、始まりその物である「朝」に対して、何かが終わり、別の何かが始まってしまう「夜明け」があると、僕は考えてます。 (HIRAKU YAMAMOTO)

 

 

そして15周年を迎える2019年。アニバーサリーイヤーの集大成として12月01日(日)に地元である京都の磔磔とCLUB METROにて記念ライブを行うことが決定しました。
9月からは各地のフェスやバンドにゆかりの場所を回るツアーも開始します。
ライブバンドとして進化をし、主要五都市で開催されたワンマンツアーでも高評価を受け続けたNABOWAのライブがさらに近距離で体感できます。ぜひチェックしてください。

2019_NABOWA_15th_anniv_最終jpg

NABOWA 15TH ANNIVERSARY TOUR

2019.09.07 [Sat] 大阪|梅田 Shangri-La
2019.09.08 [Sun] 埼玉|Acoustic Village 2019
2019.09.15 [Sun] 香川|shima fes SETOUCHI 2019
2019.09.22 [Sun] 奈良|cafe polkadot
2019.09.28 [Sat] 兵庫|スパイスだもの。
2019.09.29 [Sun] 長野|りんご音楽祭 2019
2019.10.11 [Fri] 大阪|梅田 Shangri-La
2019.10.13 [Sun] 茨城|結い市
2019.10.14 [Mon] 横浜|Grassroots
2019.10.20 [Sun] 福井|惣 so
2019.10.26 [Sat]  京都|ボロフェスタ 2019
2019.10.27[Sun] 東京|焚キ火ノ音
2019.11.02 [Sat] 金沢|puddle/social
2019.11.03 [Sun] 愛知|grand space Quark
2019.11.23 [Sat] 鳥取|MOON & SPOON
2019.11.24 [Sun] 岡山|cafe. the market mai mai
2019.12.01 [Sun] 京都|磔磔 & CLUB METRO(15周年記念ライブ)

2019.8.21

_KANADE KAGEYAMA IWAAIIWAAIGORORI SAN BANZAI MIX

NABOWA、アルバム「DUSK」から、各メンバーが再構築した「DUSK Remixies」を4週連続デジタル・リリース。第三弾はKANADE KAGEYAMA (g…

最新アルバム「DUSK」の楽曲の中から、NABOWAの4人のメンバーがそれぞれ独自に再構築した「DUSK Remixies」。
第三弾は、KANADE KAGEYAMA (guitar)が担当。
コズミックなリフレインがアクセント+ラテンのフレイヴァも感じさせるインストゥルメンタルナンバー「JOE」を、KANADE KAGEYAMA (guitar)が原曲とは違ったチルアウトな楽曲へと変貌を遂げています。
同時にKANADE KAGEYAMA (guitar)がアルバム「DUSK」をテーマに選曲した「PLAYLIST FOR DUSK」も公開されました。アルバムの背後に広がる世界を覗いてみてください。

NABOWA「JOE (KANADE KAGEYAMA IWAAIIWAAIGORORI SAN BANZAI MIX)」
Digital | https://ssm.lnk.to/JOE_REMIX
YouTube | https://youtu.be/uOm0PuZJQb4

PLAYLIST FOR DUSK | KANADE KAGEYAMA FROM NABOWA

4人ともの性格、こんなのやりたいですみたいなフレーバーが出てる気がします!多分! (KANADE KAGEYAMA)

 

そして15周年を迎える2019年。アニバーサリーイヤーの集大成として12月01日(日)に地元である京都の磔磔とCLUB METROにて記念ライブを行うことが決定しています。
9月からは各地のフェスやバンドにゆかりの場所を回るツアーも開始。
ライブバンドとして進化をし、主要五都市で開催されたワンマンツアーでも高評価を受け続けたNABOWAのライブがさらに近距離で体感できます。ぜひチェックしてください。

2019_NABOWA_15th_anniv_最終jpg

NABOWA 15TH ANNIVERSARY TOUR

2019.09.07 [Sat] 大阪|梅田 Shangri-La
2019.09.08 [Sun] 埼玉|Acoustic Village 2019
2019.09.15 [Sun] 香川|shima fes SETOUCHI 2019
2019.09.22 [Sun] 奈良|cafe polkadot
2019.09.28 [Sat] 兵庫|スパイスだもの。
2019.09.29 [Sun] 長野|りんご音楽祭 2019
2019.10.11 [Fri] 大阪|梅田 Shangri-La
2019.10.13 [Sun] 茨城|結い市
2019.10.14 [Mon] 横浜|Grassroots
2019.10.20 [Sun] 福井|惣 so
2019.10.26 [Sat]  京都|ボロフェスタ 2019
2019.10.27[Sun] 東京|焚キ火ノ音
2019.11.02 [Sat] 金沢|puddle/social
2019.11.03 [Sun] 愛知|grand space Quark
2019.11.23 [Sat] 鳥取|MOON & SPOON
2019.11.24 [Sun] 岡山|cafe. the market mai mai
2019.12.01 [Sun] 京都|磔磔 & CLUB METRO(15周年記念ライブ)

2019.8.14