News
PARKLIFE_banner1_insta

BUNGALOW 5th ANNIVERSARY『PARK LIFE』開催決定。

2017.5.16

PARKLIFE_banner1_FB
2017.8.6(sun) @ 円山公園音楽堂

BUNGALOW 5th ANNIVERSARY
PARK LIFE

open 12:00 / start 12:30

[チケット]
前売り 4,000円
アニバーサリーチケット (飲食券2,000円分付き) 5,000円 *限定枚数
KIDSチケット (小学生対象) 1,500円
当日 5,500円 (KIDS 2,000円)
*アニバーサリーチケット以外は、ご入場の際、別途ドリンク代が必要となります。

チケットオフィシャルHP先行受付
5/16 (火) 21:00~6/6(火)21:00
受付URL (PC・スマートフォン・モバイル)
http://eplus.jp/bglw5th/

チケット一般販売 (6/10より)
ローソンチケット (0570-084-005/Lコード:53270)
e+ (http://eplus.jp/)
チケットぴあ (0570-02-9999/Pコード: 331-686)
楽天チケット (http://r-t.jp/bungalow)
KYOTO MUSE (075-223-0389)
AB (075-211-8510)
出店各店舗

[出演]
Port of Notes
Nabowa
次松大助 (THE MICETEETH)
長谷川健一
and more…

[出店]
BUNGALOW
そば酒 まつもと
魚とお酒 ごとし
マンボ飯店
ピニョ食堂
ryuen

[主催]
BUNGALOW / bud music, inc.

[後援]
KYOTO α-STATION

[協力]
Rainbow’s End / 
YUMEBANCHI

[会場]
京都市円山公園音楽堂
〒605-0071
京都市東山区円山町 (円山公園内)

[問い合わせ]
YUMEBANCHI
Tel 06-6341-3525
www.yumebanchi.jp

[注意事項]
・19時終演予定。雨天決行。荒天の際は主催者判断で中止となります。中止・延期に伴う、会場までの旅費等 (キャンセル料含) の補償は一切いたしませんので、ご了承ください。 また、再入場は禁止とさせて頂きます。
・アニバーサリーチケットご購入の方は、当日受付にて飲食券2,000円をお渡しします。
・小学生以上チケット必要 (KIDSチケットは小学生が対象) 保護者同伴に限り小学生未満は無料。
・会場内前方エリアでの傘 (視界の妨げになるもの) の使用は禁止です。レインコート等をご利用下さい。
・出演アーティストは都合によりキャンセル、変更になる場合があります。出演者変更に伴うチケットの払い戻し・公演日の振替は出来かねますので、あらかじめご了承ください。
・飲食物の持ち込みはお断りしております。場内のフード店舗をご利用下さい。
・イベント専用の駐車場・駐輪場は有りません。公共の交通機関をご利用下さい。付近の道路への不法・違法駐車等、 迷惑になる行為は絶対にお止め下さい。
・会場内へのペット同伴のご入場はお断りしております。
・クロークはございませんので、駅等のコインロッカー等をご利用下さい。

pon01834
Port of Notes (ポート・オブ・ノーツ)

畠山美由紀 (Vocal)
小島大介 (Guitar)
’96年、ヴォーカリスト・畠山美由紀とギタリスト・小島大介によりPort of Notes(ポート・オブ・ノーツ)を結成。’97年、EP『Port of Notes』でCDデビュー。現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表。
’01年、POLA化粧品のTV CMソングとして”With This Affection”、’02年”Sailing To Your Love”、’03年”Those My Old Days”が使用される。’01年12月、松任谷由実30周年カバー・アルバム『Queen’s Fellows』に参加、翌年1月、日本武道館で行われたYuming Tribute Concert “Queen’s Fellows”に出演。’04年に発売された、3rdアルバム『Evening Glow』では、松任谷由実の参加も話題となった。’08年デビュー10周年を記念して、自身の選曲に新曲を加えたベスト盤『Blue Arpeggio~Own Best Selection~“青いアルペジオの歌”』をリリース。 ’09年全曲NY録音、Jesse Harrisプロデュースによる5年振りのオリジナル・アルバム『Luminous Halo~燦然と輝く光彩~』 をリリースした。

Photo_Nabowa2017
Nabowa (ナボワ)
4人組インストゥルメンタル・バンド。
現在までに4枚のオリジナル・アルバムをリリース。
結成10年を迎えた2014年、過去の楽曲を再構築した『Nabowa Meets Carlos Niño & Friends』には、
Carlos Niño、Miguel Atwood-Ferguson、Dexter Story、Kamasi WashingtonというLA周辺の実力派ミュージシャンが多数参加。
2017年8月2日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS[CD+DVD]』のリリースが決定。
リリース後には、大規模な全国ツアーも行われる。
現在までに『FUJI ROCK FESTIVAL』をはじめ、フェスに多数出演しているほか、
台湾の3都市(台中、高雄、台北)を巡るツアーを行うなど海外での活動も精力的に広げている。
メンバー:川上優(drums/piano)、山本啓(violin)、堀川達(bass)、景山奏(guitar)
www.nabowa.com

artistContent08
次松大助 (THE MICETEETH)
1999年「ザ・マイスティース」のボーカルとしてミュージシャンのキャリアをスタート。5枚のフルアルバムと2枚のミニアルバム、6枚のシングル、2枚のライブDVDをリリース。フジロック、サマーソニック、カウントダウンジャパン等多くのフェスティバルへも出演。ミュージシャン活動以 外でも音楽誌、ファッション誌でのコラム連載等で多彩な才能を発揮。
シンガーソングライターとして、『Animationfor oink, oink!』、『Ballade for Night Zoo』をリリース。
http://taisuke-tsugimatsu.jp

KenichiHasegawa_s
長谷川健一

2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。
2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。
2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。
歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。
京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。
2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。
同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、
珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。
2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ
『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。
「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。
12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。
2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。
www.kenichihasegawa.com


2017.5.16