hatakeyama0823-2 昨年、プロデュースに冨田恵一(冨田ラボ)を迎え、5年6ヶ月ぶりとなるオリジナル・アルバム7th Album『Wayfarer』をリリースした畠山美由紀が、毎年開催しているキリスト品川教会 グローリア・チャペルでの公演を今年も開催することが決定しました。 「Song for a Wayfarer」と題して8月23日(金)に開催されるこちらの公演では、ギタリスト・小池龍平(bonobos、LITTLE TEMPO)、ピアニスト・片木希依(jizue)の参加が決定しています。 チケットのオフィシャル先行受付は、5月11日(土)10時より開始。ぜひチェックして下さい。 ■Song for a Wayfarer 会場:キリスト品川教会 グローリア・チャペル (東京) 日時:2019年8月23日(金) 開場18:00/開演19:00 チケット:前売 ¥6,500 / 当日 ¥7,000 *未就学児童は入場不可となります。  
TOP