bud10th_banner_fb_w-fuchi 2019年1月19日(土) & 20日(日) bud music 10th anniversary 会場 : 磔磔 & KYOTO MUSE 開場 : 14:00 / 開演:14:30 会場 : CLUB METRO(AFTER PARTY) 開場 / 開演 : 22:00 【チケット】 磔磔/KYOTO MUSE早割 5,100円 THANK YOU SOLD OUT! 磔磔/KYOTO MUSE 2日間通し券 8,100円 THANK YOU SOLD OUT! 磔磔/KYOTO MUSE 1日券 4,500円 CLUB METRO 前売り 2,000円 *磔磔/KYOTO MUSEは2会場同時開催となり両会場ご入場いただけます。 *磔磔/KYOTO MUSEのリストバンドは当日13時よりKYOTO MUSEにて引換します。 *チケット受付の際に別途ドリンク代が必要となります。 *CLUB METRO公演にお越しの方は磔磔/KYOTO MUSE公演のチケット半券提示で1杯ドリンクサービスとなります。 *その他、注意事項を必ずご確認ください。 ■チケット一般販売 *11月17日(土)より販売開始。 チケットぴあ(https://t.pia.jp / 0570-02-9999 / Pコード:132-231) ローソンチケット(http://l-tike.com / 0570-084-005 / Lコード:55559) e+(http://eplus.jp/bm10th/) 楽天チケット(http://r-t.jp/budmusic) BUNGALOW 寺町(店頭販売 / 075-211-8507) BUNGALOW 堀川(店頭販売 / 075-256-8205) 19日(土) Nabowa / jizue / Polaris / tio / kirim / 次松大助 SPECIAL OTHERS / Salyu / fox capture plan / Ryu Matsuyama 20日(日) Nabowa / jizue / Port of Notes / オオヤユウスケ / 長谷川健一 Caravan / 奇妙礼太郎 / Schroeder-Headz / Michael Kaneko / バレーボウイズ 20日(日) AFTER PARTY 【LIVE】DÉ DÉ MOUSE / jizue×fox capture plan / WONDER HEADZ meets yuichi FUJISAWA / UKO / !!! Play for me !!! 【DJ】オオヤユウスケ(Polaris)、高橋健介(LUCKY TAPES)、山口隆弘(Niw! Records)、小山内信介(SECOND ROYAL)、SHINYA、MATTY、YATA(BUNGALOW)、BAN(bud music) 【FOOD】BUNGALOW 磔磔 〒600-8061 京都市下京区筋屋町139-4 Tel:075-351-1321 http://www.geisya.or.jp/~takutaku/ KYOTO MUSE 〒600-8006 京都市下京区四条通柳馬場西入 ミューズ389京都 Tel:075-223-0389 http://muse-live.com/kyoto/ CLUB METRO 〒606-8396 京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82恵美須ビルB1 Tel:075-752-4765 https://www.metro.ne.jp/ 主催・企画・制作: bud music, inc. 後援: α-STATION FM-KYOTO / 京都新聞 協賛 : Studio246 KYOTO 協力: YUMEBANCHI

ご注意事項チケット・リストバンドについて ・入場券1枚につき1名様のみ有効となります。 ・4歳未満入場不可。 ・チケットの再発行はいかなる場合も行いません。取り扱いには十分ご注意ください。 ・19日(土)、20日(日)の磔磔/KYOTO MUSEにご来場の方は当日午後13:00よりKYOTO MUSE一階でリストバンドの引換えを行います。 ・イベント時間内の入退場は自由ですが、リストバンドはお帰りになるまで外さないでください。通し券の方は20日(日)の公演が終わるまでリストバンドを外さないで下さい。 ・リストバンドを外したり、紛失した場合、無効となりますのでご注意ください。 ・出演者のキャンセル・タイムテーブルの変更など、やむを得ず運営上のルールを変更する場合がございます。変更に対してのチケットの払い戻しは行いません。予めご了承ください。なお、改定した場合はオフィシャルホームページにて公表させていただき、事前の通知等は行いません。 ・スタッフの指示に従われない方、また、他の方の迷惑になる行為を行った方は、強制的に退場していただきます。その際、チケットの払い戻しは一切行いませんので予めご注意ください。

ドリンクについて ・ドリンクを各会場にて販売しております。 ・チケット受付の際にドリンク代をお支払いください。 ・飲食物の各会場への持ち込みは禁止いたします。悪質な持ち込みは没収させていただくこともございます。

ご来場について ・各会場にはお客様用の駐車場がございません。またお客様用の駐輪場もございません。ご来場の際は、最寄りの駅、バス停留所、ご自宅より歩いてお越しください。 ・全会場とも、違法駐車・路上駐輪および近隣住民への迷惑となる行為はおやめください。 ・各会場共、定員を超える場合は入場を規制させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。 ・入場規制の際は入場をお待ち頂き、順次ご案内をさせて頂く形を取らせて頂きます。 ・入場規制等により、お目当てのアーティストのライブが観られない場合もございます。その際のチケット代の払い戻しは致しません。

禁止事項 ・他のお客様に迷惑をかけたり、怪我をさせる可能性がある行為はご遠慮ください。お客様同士のトラブルによる怪我につきましては、主催者・会場・アーティストでは一切責任を負いかねます。 ・当日の撮影、録音は原則として禁止です。悪質な撮影・録音につきましては、カメラ・レコーダー等をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください

会場について ・会場周辺の路上にたむろしたり、近隣住宅の前で立ち止まって談笑したりしないでください。地域住民の迷惑とならないようご理解・ご協力お願いいたします。

 手荷物について ・磔磔にてクロークをご利用出来ます。(1袋500円) ・ロッカーがある会場もございますが、十分な数はございません。最寄り駅のコインロッカーをご使用になるか各自ご管理ください。 ・手荷物は少なめでのご来場をお勧めします。 【磔磔/KYOTO MUSE】 Caravan Caravan 1974年10月9日 生まれ。幼少時代を南米ベネズエラで過ごし、その後 転々と放浪生活。2005年 メジャーへ移籍して活動後2012年 プライベートレーベル “ Slow Flow Music” を立ち上げた。独自の目線で日常を描く、リアルな言葉。聞く者を旅へと誘う、美しく切ないメロディー。 様々なボーダーを越え、一体感溢れるピースフルなLive。世代や性別、ジャンルを越えて幅広い層からの支持を集めている。これまでに多くの来日アーティストのサポートアクトや共演を果たし、YUKI「ハミングバード」「Wagon」、SMAP「モアイ」、渡辺美里「Glory」「Hello Again」などの楽曲提供も手掛けている。 http://www.caravan-music.com https://www.facebook.com/HarvestSlowFlowMusic fox capture plan fcp_captureism_72 “現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し、それぞれ違う個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011年結成。過去6枚のフル・アルバムを発表し“CDショップ大賞 ジャズ部門賞”2度受賞、 “JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・スター部門” “JAZZ JAPAN AWARD 2015アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門” を獲得。主なライブ活動として、2016年 “FUJI ROCK FESTIVAL’16” 、2017年 “SUMMER SONIC 2017”、 “東京ジャズ”は三年連続出演。更には2018年ブルーノート東京での単独2DAYS公演を果たす。その他、オーストラリア“Brisbane Festival”出演、韓国・台湾・そして3回目でスケールアップした中国ツアーを敢行するなど海外公演も積極的に行う。楽曲制作ではTBS “カルテット” 、フジテレビ系月9 “コンフィデンスマンJP”、関西テレビ“健康で文化的な最低限度の生活”、 10月スタートのアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」など劇伴を多数担当し、その他CMやゲームなど多方面へ楽曲を提供。2018年9月、7枚目のフル・アルバム『CAPTURISM』を発売。 https://www.foxcaptureplan.com/ jizue jizue2018A 2006年、井上典政、山田剛、粉川心を中心に結成、翌年より片木希依が加入。 これまでに『Bookshelf』、『novel』、『journal』、『shiori』、『story』の5枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCKFESTIVAL』、『GREENROOM FESTIVAL』、『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。 国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。 2017年、ミニアルバム『grassroots』でビクターよりメジャー・デビュー。 2018年7月25日に2年ぶりとなる6枚目のフルアルバム『ROOM』をリリース。 メンバー : 山田剛(ベース) / 粉川心(ドラム) / 井上典政(ギター) / 片木希依(ピアノ) www.jizue.com kirim kirim_2018 三橋ハルカ(Vocal & Acoustic Guitar)、柏佐織里(Keyboard & Melodica)、和田佳憲(Drums & Glockenspiel)の3人編成で2015年春に活動開始。インディーフォーク、ポップス、カントリーをベースにした、シンプルで耳なじみの良いサウンドと郷愁的なメロディーは、時に軽やかで時に繊細。 結成3ヶ月でレコーディングされた自主制作盤『First Session』は完売。発売と同日に行われたリリースパーティーは、会場の動員記録を塗り替える大盛況で幕を閉じる。 2016年に初のツアー「kirim Spring Journey」を成功させ、11月にデビューアルバム『WANDERLUST』をリリース。 2017年は「FUJI ROCK FESTIVAL」に初出演。さらに、シンガーソングライターsugar meとのツーマンライブツアーを 東京、名古屋、京都の3箇所で敢行した。 そして2018年4月、1年5ヶ月ぶりとなる新作『To the west, to the east』をリリース。 kirimmusic.com Michael Kaneko MichaelKaneko_AP 湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。 ウィスパーながらも芯のあるシルキーヴォイスが話題となり、デビュー前にもかかわらずその声は5,000万人に届くことに。 2017年『Westbound EP』をリリース、活躍の場を世界規模で広げている。 http://michaelkaneko.com/ Nabowa Photo_Nabowa2017 4人組インストゥルメンタル・バンド。 現在までに5枚のオリジナル・アルバムをリリース。 結成10年を迎えた2014年、過去の楽曲を再構築した『Nabowa Meets Carlos Niño & Friends』には、Carlos Niño、Miguel Atwood-Ferguson、Dexter Story、Kamasi WashingtonというLA周辺の実力派ミュージシャンが多数参加。最新アルバムは、2017年の『DRAWINGS[CD+DVD]』。 現在までに『FUJI ROCK FESTIVAL』をはじめ、フェスに多数出演しているほか、台湾の3都市(台中、高雄、台北)を巡るツアーを行うなど海外での活動も精力的に広げている。 メンバー : 川上優(drums/piano)、山本啓(violin)、堀川達(bass)、景山奏(guitar) www.nabowa.com Polaris Polaris2018 オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans/So many tears)によるロックバンド。 2001年にミニアルバム『Polaris』でデビュー以降、5枚のフルアルバムをリリース。 FUJI ROCK FESTIVALほか野外フェスに多数出演し、ライヴバンドとして高い評価を得ている。 オオヤユウスケの浮遊感のあるヴォーカル、ポストロックやレゲエ/ダブの要素、そして強靱なリズム隊が生み出す圧倒的なグルーヴによって生み出されるPolaris独自のサウンドで多くの支持を獲得している。 2018年6月20日、3年4ヶ月ぶりとなるフルアルバム『天体』をリリース。 polaris-web.com Port of Notes PON_2018 畠山美由紀 (Vocal)と小島大介 (Guitar)によるアコースティック・ディオ。 ’96年結成。翌年、EP『Port of Notes』でデビュー。現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表。 ’01年、POLA化粧品のTV CMソングとして「With This Affection」、’02年「Sailing To Your Love」、’03年「Those My Old Days」が使用される。’01年12月、松任谷由実30周年カバー・アルバム『Queen’s Fellows』に参加、翌年1月、日本武道館で行われたYuming Tribute Concert “Queen’s Fellows”に出演。’04年に発売された、3rdアルバム『Evening Glow』では、松任谷由実の参加も話題となった。’08年デビュー10周年を記念して、自身の選曲に新曲を加えたベスト盤『Blue Arpeggio~Own Best Selection~“青いアルペジオの歌”』をリリース。 ’09年全曲NY録音、Jesse Harrisプロデュースによるオリジナル・アルバム『Luminous Halo~燦然と輝く光彩~』 をリリース。’17年12月、久しぶりとなる新曲「トラヴェシア」を発表、’18年7月新作EP『水蜜桃』をリリース。 portofnotes.com Ryu Matsuyama Ryu Matsuyam_photo_s ピアノスリーピースバンド。 イタリア生まれイタリア育ちのRyu(ピアノ・ボーカル)が 2012年に “Ryu Matsuyama”としてバンド活動をスタート。 2014年、結成当初からのメンバーであるTsuru(ベース)に Jackson(ドラム)を加え現メンバーとなる。 2018年5月メジャーデビューアルバム「Between Night and Day」をリリースし、10月13日よりTOUR “Afterglow”を全国6ヶ所7公演を開催。 http://ryumatsuyama.com/ Salyu Salyu 2000年、Lily Chou-Chouとして2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。2004年、小林武史プロデュースのもとSalyuとしてデビュー。以降17枚のシングル、6枚のアルバム、1枚のベストアルバムをリリース。近年では、東京メトロCMソングに2クール連続起用や台湾・香港でのライブもソールドアウトさせ、2年半ぶりとなるフルバンド編成での中野サンプラザホール公演も大盛況のうちに幕を閉じた。2018年7月には13年ぶりにBank Band with Salyu名義となる新曲「MESSAGE-メッセージ-」を発表し、話題を集める。今年12月には小林武史との2人編成となるライブ「minima vol.4」が東京・大阪にて開催予定。 http://www.salyu.jp/ Schroeder-Headz Schroeder-Headz2018A 数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト。 ピアノ、ベース、ドラムスによるアコースティック・トリオ・サウンドとプログラミングを融合させ、美しいメロディと有機的なグルーヴが印象的なピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す。その名前の由来はアメリカのアニメ”PEANUTS”(日本名:スヌーピー)に登場するトイ・ピアノを弾くシュローダー君に依り、クラシック、ジャズ、ダンス・ミュージック、エレクトロなどに影響を受けたリリカルな男子の脳内イメージを表現している。2018年1月にアルバム『HALSHURA』をリリース。 http://schroeder-headz.com/ SPECIAL OTHERS SPECIAL OTHERS201802 1995年横浜の岸根高校の同級生にて結成。 2000年頃よりストリート、クラブ、レストランバーなどで活動。 2006年メジャーデビュー。 以後、音源制作やライブツアー、様々なフェスへの出演 他アーティストとのコラボ等、活動を拡げる。 2013年日本武道館でのワンマンライブを開催。ソールドアウトとなり、大盛況のうちに終える。2014年には本家SPECIAL OTHERSと並行してSPECIAL OTHERS ACOUSTIC名義での活動も開始。 15年にリリースした6枚目のオリジナルアルバム『WINDOW』は6作連続TOP10入りとなるオリコンアルバムチャート9位を記録。 16年にはFUJI ROCK FESTIVAL’16「FIELD OF HEAVEN」のヘッドライナーをつとめるなど全国各地のフェスに出演。 17年3月にはデビュー10周年記企画の締めくくりとなるコラボ作品集「SPECIAL OTHERSⅡ」をリリースし、全国ツアーを大盛況にて終了させた。 2018年5月16日 (水) SPECIAL OTHERS ACOUSTIC名義で、約3年半振りとなる2nd Full Album 『Telepathy』をリリース。 http://www.specialothers.com/ tio tio_photo_2018_s 2008年、水谷真大(Gt/Pan)、新美耕介(AGt)、下田貢(Ba)、伊藤祐介(Dr)にて、三重県四日市で結成された4ピース・インストゥルメンタル・バンド。 これまでに4枚のアルバムをリリースし、ライブハウスはもちろん、カフェ、ストリート、野外フェスなど、様々なシチュエーションでライブを行っている。 自主企画イベント「NUMBER」を立ち上げるなど精力的な活動を続け、2017年には泉まくらや金 佑龍をフィーチャーし話題を呼んだ「AND」をリリース。「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」にも出演。 そしてバンド結成10周年をむかえる2018年7月4日、3年ぶりのフルアルバム『Tiny Island Orchestra』をリリース。 www.t-i-o.jp 奇妙礼太郎 kimyo_ap_2018 天才バンド・アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。 バンド編成から弾語りまで幅広い表現で行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。その歌声は様々なCM歌唱でも起用されお茶の間にもお届けされている。最新作は「More Music」2018年09月リリースのオリジナルアルバム。 http://kimyoreitaro.com/ 長谷川健一 KenichiHasegawa_s 2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。 2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。 2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。 歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。 京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。 2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。 同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、 珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。 2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ 『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。 「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。 12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。 2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。 www.kenichihasegawa.com 次松大助 次松大助 2014年に活動を再開したTHE MICETEETH(ザ・マイスティース)のボーカル。 フジロック、サマーソニック等、多くのフェスティバルへも出演し、ソロとしては主にピアノ弾き語りでの活動の他、管弦打楽器を巧みにアレンジした1stソロアルバム「Animation for oink,oink!」や、ミニアルバム「Ballade for Night Zoo」をリリース。 また、ピアニスト、キーボーディストとして他アーティストのライブやレコーディングサポート、アレンジやプロデュースなどを行うかたわら、CMや映像作品への楽曲提供など、多数の制作をおこなっている。 2018年5月16日全11曲入りのニューアルバム「喜劇“鴉片”(シーヂィヤーピィエン)」をリリース。 2010年より宮城県に在住。 taisuke-tsugimatsu.jp オオヤユウスケ(Polaris) YusukeOya2018 横浜出身 作詞作曲 / ボーカル / ギター / 電子楽器 / サウンドプロデュース 幼少期からクラシック音楽を学び、チェロ、ピアノ、ギター、電子楽器などを習得。中学時代より作曲を開始。 大学卒業後、’97年バンドLaB LIFeでデビュー。 2000年柏原譲とPolarisを結成。デビュー以来5枚のフルアルバムをリリース。数多くの野外フェス等に出演し、多くの人々を魅了し続けている。 ’05年ハナレグミ永積崇、クラムボン原田郁子とohana(オハナ)を結成。’06年アルバム『オハナ百景』をリリース。 ’07年以降はソロ活動も始め、’10年にソロプロジェクト”SPENCER”をスタート。’11年アルバム『SPENCER』リリース。ソロでは、数多くのアーティストとの共演、ヨーロッパやアジアなど海外公演も多数行う。 ’18年6月にPolaris、3年4ヶ月ぶりとなるフルアルバム『天体』をリリース。 http://www.polaris-web.com

バレーボウイズ バレーボウイズアー写(JPG低) ノスタルジックで歌謡ライクなメロディと歌のハーモニー、哀愁を帯びたギターで青春の響きを“合唱”のスタイルで聴かせる、京都精華大学の学園祭「木野祭」出演のために2015年に結成された男女混成グループ。 2017年、ライブオーディション「TOKYO BIG UP!」でグランプリ、「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」ROOKIE A GO-GO枠で初出演。 2018年、藤原ヒロシ、キイチビール&ザ・ホーリーティッツを迎えて渋谷WWWにて自主企画、東阪初ワンマンツアーなど精力的に活動。7月には夏を詰め込んだmini album「なつやすみ’18 猛暑」をリリース! http://volleyboys.kyoto/

【CLUB METRO】 DÉ DÉ MOUSE dedemouse_2018_summer_to_autumn_A 遠藤大介によるソロプロジェクト。 作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス/マスタリング、映像と多方面に活動し、他作品のプロデュース / 楽曲提供 / remixも行う。 メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ/和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。 トラックメイカー/プロデューサーとしてのライブの追求にも早い段階から積極的であり、2008年からはバンドを従え、フジロックやタイコクラブなど、毎年多くのフェスやイベントに出演。バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続ける。 本年8/2には7th アルバム「be yourself」をリリースし、京都メトロ、渋谷O-EASTにてワンマンツアー開催。 http://dedemouse.com/ WONDER HEADZ meets yuichi FUJISAWA Photo_Wonderheadz_350 Nabowa川上優と堀川達による生音コズミックディスコ・デュオ。 UKO IMG_9619 DISCO / FUNK / R&B 等をベースとしたアレンジセンスに、次世代ポップなソングライティングセンスを持ち合わせ、持ち前のソウルフルな歌声を響かせるソロアーティスト。 2016 年 4 月に1st.ALBUM”Saturday boogie holiday”をリリースし全国デビュー。アルバムトータルディレクションにはクニモンド瀧口(流線形)を招き、UKO の魅力が更に謳歌したトラックを収録した作品は幅広いリスナーへ届かせた。これまでに、1枚のシングル、2枚のアルバム、そして1枚のアナログ7inchをリリース。 2017年12月13日にはシングル「SPUR」をデジタル配信でリリースし、その翌週20日には、代官山UNITにて自主企画「UKOpresents.”Dining”」を開催し大盛況に終える。 2018年4月には、ソロ初の海外公演となる台湾公演を成功させた。 ソロ活動に加え、作詞提供や”冨田ラボ”作品への参加。”LUCKY TAPES”のコーラスとして国内はもちろんアジアツアーに参加するなど活動は多岐に渡る。 そして、2018年9月19日、約1年半振りとなる新作ミニアルバム”ONE LOVE”のリリースが決定し、 9月20日(木)には自身初となる渋谷WWWでのリリパワンマンを大成功におえた。 http://uko.tokyo/ !!! Play for me !!! PLAY Port of Notes等で活動するギタリストDSKとアナログシンセ、ルーパーによるソロユニット。これまで培ったダンスミュージックに対する愛情を存分に注ぎ込んだギターインスト、バレアリックハウス、ディスコダブ、ミニマルテクノ、チルアウト、などレフトフィールドでサーフなサウンドを展開。アナログシンセを使ったダンスミュージック的なアプローチとギターとルーパーによる即興ライブを同時に行き来する自在なスタイルで常にフロアーを盛り上げている!!!様々な場所とセッションする、プレイフォーミー。。。 http://oshimadaisuke.net
TOP